MV
mv-icon

大腸内視鏡検査 Colonoscopy

当クリニックの
大腸カメラ
(大腸内視鏡検査)
について

内視鏡を用いて大腸(結腸と直腸)の粘膜を観察します。検査中に炎症や腫瘍などの病変を認めた場合は確実な診断のために、組織の一部を採取(生検)します。大腸内視鏡検査は、日本人が最も罹る大腸がんの診断のみならず、前がん病変といわれる小さな腺腫(大腸ポリープ)の発見にも優れています。
大腸ポリープが見つかった場合、切除可能なサイズであればその場で治療します。(飲酒の予定がある方、血液をサラサラにする一部の薬を飲んでいる方は観察のみとなります)
便潜血検査で異常(陽性)を指摘された方は、大腸内視鏡検査を受けましょう。

  • 当クリニックの特長Feature
  • 検査の流れFlow
  • 検査の費用Fee

当クリニックの特長

当クリニックの特長Feature

  • icon1
    麻酔(鎮静剤)を
    使用した検査
  • icon2
    内視鏡指導医による
    精度の高い検査
  • icon10
    最も苦痛を感じない
    挿入方法
    (軸保持短縮法)
  • icon11
    おなかの張り感が
    つらくない
    炭酸ガスを使用
  • icon9
    胃カメラと大腸カメラを
    同日に行うことも可能

    ご希望の方はご相談ください

  • icon12
    土曜日も
    検査を実施
  • icon8
    最先端内視鏡システムを導入
    (富士フィルムメディカル)

    マルチライトテクノロジーによる
    画像強調機能(BLI/LCI)など

  • icon5
    女性専用の
    大腸内視鏡検査日
    (レディースデー)
  • icon13
    プライバシーに配慮した
    前処置スペースと
    専用トイレを完備

こんな症状のある方は
大腸カメラ検査を受けましょう

  • 便に血がつく
  • 大腸ポリープを指摘/治療したことがある
  • 便が細くなってきた
  • 喫煙している/していた
  • 便秘ぎみ、下痢ぎみ、便秘と下痢を繰り返す
  • 親族に大腸ポリープ、大腸がんになった人がいる
  • 腹部に膨満感や痛みを感じる
  • 健診の便潜血検査で精密検査(2次検査)が必要といわれた
  • 食欲がない、体重が減ってきた
  • 40歳以上で大腸カメラを受けたことがない
  • 貧血ぎみだ
  • 糖尿病

検査の流れFlow

  • STEP

    検査前診察

    大腸カメラ検査を受ける方は、事前の診察が必要です。
    検査の説明を受けたあと、検査前日に飲むご自宅用のお薬をお持ち帰りいただきます。

    他院で処方されているお薬がある方

    お薬手帳をお持ちください。
    特に、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は内容の確認が必要です。

    flow1
  • STEP

    検査前日

    前日の食事

    消化されにくい食べ物(キノコ、海藻類、繊維の多い野菜など)は避けてください。

    便秘気味の方、おなかの手術をした方は検査の2,3日前から上記の食べ物を控え、前日はおかゆや素うどん、そうめんなど消化によいものを召し上がってください。

    夕食は20時までに済ませてください。(油の多い食事は避けてください)

    寝るまでの間、お水、お茶、スポーツドリンクは自由に飲んで構いません。

    就寝前に指示された下剤を内服してください。
    (便秘がちな方は、指示された通り数日前から下剤を内服してください)

    flow2
  • STEP

    検査当日

    当日の食事

    朝食は食べないでください。お水、お茶は飲んでも構いません。

    朝7時頃、お渡しした胃腸の動きを良くする錠剤を内服してください。

    クリニックで下剤を飲む方は、9時までに来院してください。

    ご自宅で下剤を飲む方は、事前の説明に従って下剤(腸管洗浄剤)を内服し、指示された時間に来院してください。途中で気分が悪くなったり、吐いた場合には無理せず、クリニックにご連絡ください。

    flow3

    検査前の準備

    約1.8リットルの下剤(腸管洗浄剤)を2時間かけて飲んでいただきます。最初の数回は濁った便がでますが、便器の底が透けて見えるほどクリアになったら検査が可能となります。通常、約3時間ほどできれいになりますが、便秘がちな方、おなかの手術をした方は時間がかかります(便の状況によって検査の順番が前後する場合がありますことをご了承ください)。

    flow6
  • STEP

    検査実施

    検査内容

    肛門から内視鏡を挿入し、盲腸から直腸まで観察を行います。

    検査時間は15分~30分程度です。

    鎮静剤(静脈麻酔)をご希望の方には、適切な量のお薬を使用します。
    鎮静剤(静脈麻酔)を使用した後はご自身で運転をしないでください。

    検査中に異常を認めた場合は組織の一部を採取(生検)します。

    大腸ポリープがあった場合はその場で切除することも可能です
    (日帰り大腸ポリープ切除)。
    生検した場合は当日の、大腸ポリープ切除後は1週間の飲酒、運動を控えて頂きます。
    ご予定がある方は事前にお申し出ください。

    flow7
  • STEP

    検査後・結果説明

    検査後の流れ

    鎮静剤(静脈麻酔)を使用した方は、リカバリースペースで30分程お休みしていただきます。

    撮影した内視鏡画像をお見せしながら、詳しく結果を説明します。

    生検(組織検査)やポリープ切除は結果が出るまでに1週間程度要しますので、後日あらためてご説明します。

    flow5

検査の費用(概算)Fee

検査内容 1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラのみ ¥2,000 ¥4,000 ¥6,000
大腸カメラ + 組織検査 ¥3,800 ¥7,600 ¥11,400
大腸カメラ + ポリープ切除 ¥8,200 ¥16,400 ¥24,600

上記料金は概算金額です。組織検査数や使用するお薬等で変動します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約はこちら

受付:8:30~17:00 (水曜・土曜 〜15:00)
※第 2、4、5土曜日・日曜・祝日は休診

内視鏡内科・消化器内科・内科

〒080-2473 
北海道帯広市西23条南2丁目16-42

TEL : 0155–37-8055 /
FAX : 0155–37-8056

診療時間
午前診療/検査 8:30~12:00
検査 13:00~15:30
午後 15:30~17:30

受付:診療時間の30分前まで

休診日:第2,4,5土曜日・日曜・祝日

水曜午後:レディースデー(女性専用大腸内視鏡検査日)

map