とかち消化器内視鏡クリニック
mv

とかち消化器内視鏡クリニック

内視鏡内科・消化器内科・内科

2020年8月開院予定

帯広ドクタータウン内帯広市西23条南2丁目16番
CONCEPT

内視鏡で救える命を守る

The Art of Endoscopist

女性医師である瀧澤初が
国立がん研究センター中央病院で
培ってきた
高度な内視鏡検査と
治療技術。

「確かな診断力で
十勝を支える人たちの
胃と腸を幸せで満たす」
という想いで
女性にも優しい胃と腸の専門領域の
クリニックを目指します。

icon

内視鏡内科

  • 食道・胃カメラ
  • 大腸カメラ
  • 日帰り大腸ポリープ切除
icon

消化器内科

  • 逆流性食道炎
  • ピロリ菌
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 便潜血検査
  • 便秘・下痢
  • 胃腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 胆石症、膵炎、脂肪肝
  • 食道がん、胃がん、大腸がん
icon

内科

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 貧血
  • 花粉症
  • 高血圧症
  • 脂質異常(高脂血症)
  • 痛風など
瀧澤 初
MESSAGE

十勝を支える皆さんの
胃と腸を幸せで満たす

院長瀧澤 初
Hajime Takisawa

この度、生まれ故郷である十勝・帯広に「とかち消化器内視鏡クリニック」を開院する、瀧澤初 (たきさわ はじめ) です。

私は、帯広厚生病院で臨床医としての基礎を学んだ後、がん治療の最先端を担う国立がん研究センター中央病院で14年にわたり、消化管がんの内視鏡診断と治療に携わってきました。

食道がん、胃がん、大腸がんは早期発見で治せる時代になりました。そのためには、早期がんの微細な変化を発見する、深い専門知識に裏打ちされた高度な技術と診断力が必要です。

私は、内視鏡で救える命を守ることを使命とし、これまで培ってきた知識、経験、技術を地元に還元していきたいと思っています。そして十勝を支える皆さんの胃と腸を幸せで満たすことができれば、これほど嬉しいことはありません。

つらくない内視鏡検査は当たり前、その先にある女性医師ならではの細やかで丁寧な診察と検査、そしてアフターフォローまでを実感していただけると思います。
どうぞ安心してご来院下さい。

学歴

帯広柏葉高校 卒業
琉球大学医学部医学科 卒業

職歴

  • 帯広厚生病院

  • 国立がんセンター中央病院/内視鏡科
    (現・国立がん研究センター中央病院)

  • 医療法人社団 丸の内クリニック
    (健診センター長)

  • 東京大学医学部付属病院 予防医学センター

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医

  • 日本消化管学会 胃腸科専門医

  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医

  • 日本ヘリコバクター学会
    ピロリ菌感染症認定医

内視鏡検査実績

食道・胃内視鏡検査

29,000件超

大腸内視鏡検査

10,000件超

超音波内視鏡検査

1,300件超

瀧澤 初
icon
とかち消化器内視鏡クリニックを

動画で見る

mov-thumb1
「とかち消化器内視鏡クリニック」について
mov-thumb2
とかち消化器内視鏡クリニックへのおもい
とかち消化器内視鏡クリニックの

6つの特徴

  • 圧倒的に男性医師が多い消化器内視鏡の世界で食道、胃、さらには大腸の内視鏡検査を高精度で実践できる女性の内視鏡専門医です。
  • 国立がんセンターでの豊富な診断・治療経験とともに適切に麻酔を使用することで「高精度で、つらくない内視鏡検査」を提供します。
  • レディースデーとして女性専用の大腸カメラ検査日を設け、気兼ねなく検査を受けていただける環境を整えます。
  • 日帰り大腸ポリープ切除を行います。
  • ピロリ菌専門医が診断から治療までを一貫して行います。
  • 消化器専門外来の他、生活習慣病(高血圧、高脂血症、脂肪肝など)の治療もおこないます。